• 診察
  • 医師
  • check

リウマチとは、関節の炎症により軟骨や骨などの組織が破壊されてしまう病気です。初期症状がわかりにくく別物の疾患と間違われることも多いです。そんなリウマチの初期症状、治療方法などを見ていきましょう。

消炎鎮痛薬の効能と服用時の注意

体に痛みがある時に、最初に服用する事が多い薬は消炎鎮痛薬です。
これは素早く痛みを抑える効果があるため、頭痛や腰痛に生理痛、そして歯痛や関節痛などを患っている人には良く知られています。
痛みを引き起こすホルモン物質であるプロスタグランジンの産生を抑え込み、痛みや腫れなどを緩和する効能がある事から、様々な疾患による痛みを抑制する薬として使われる事が多いです。

消炎鎮痛薬とは非ステロイド性抗炎症薬の事であり、ステロイドが含まれないタイプの鎮痛薬です。
そのため、痛みを訴える患者には最初に処方される事が多く、痛みをコントロールしながら生活する事を指導されます。

薬局などでも消炎鎮痛薬は購入可能である事から、病院で診察を受ける前に、自身で服用する事も多いでしょう。
それだけに、手軽さゆえ規定量以上を服用してしまう場合もあり、簡単に購入して服用出来る反面、注意をしなければならない薬でもあります。

消炎鎮痛薬の効能は痛みを抑える事ですが、それぞれの疾患による痛みを元から根本的に治癒させる事は難しいです。
あくまでも痛みという感覚に対しての対処療法という形となるので、痛みの元を治すという事にはなりません。

そのため痛みによって日常生活を送るのが困難な場合などに対処療法として、痛みを抑える消炎鎮痛薬を服用する事を勧められ、疾患による痛みと上手に付き合いながら生活する事を目指します。
薬の服用によって少しでも痛みの緩和になれば、生活の質は大きく変わります。

ただし、痛みを抑える消炎鎮痛薬は注意するべき事もあり、腎機能の低下や胃潰瘍を誘発したりする事があります。
そのため、服用するにあたって注意すべき事を、医師の診察によって受ける必要があります。
胃潰瘍の発生や、胃壁が荒れるのを極力抑えるために、空腹時の服用を避ける事を注意され、消炎鎮痛薬と一緒に胃を守る胃薬を出される場合が一般的に多いです。

現在では薬の開発により、様々な工夫を凝らして胃酸を抑える効能のある薬や、阻害薬などの今までにないタイプの薬も使われるようになってきています。
これらの副作用を抑える薬を併用し、消炎鎮痛薬で痛みを抑える方法を、患者の状態をみながら医師との相談によってなされていくのが一般的と言えます。

消炎鎮痛薬は抗リウマチ薬との併用も可能

消炎鎮痛薬は関節にリウマチを患う患者にとっても必要な薬でもあります。
体の関節が破壊され、炎症や腫れを引き起こし痛みが発生するリウマチは、その痛みによって日常生活を送るのが困難な疾患です。
医師の診察によって様々な薬を処方されますが、消炎鎮痛薬は抗リウマチ薬との併用が可能となっています。

リウマチの疑いのある患者の場合、痛みをとる効能のある消炎鎮痛薬が初めに処方される事も多く、その後、抗リウマチ薬を処方されます。
そして、そのまま消炎鎮痛薬を一緒に併用し、服用する事で痛みの連鎖から切り離す役目を期待します。

抗リウマチ薬は、関節の炎症を引き起こす体の機能の改善を図る事を目的としており、服用する事でリウマチによって起こる炎症を緩和させます。
抗リウマチ薬は疾患を治す事を目指し、消炎鎮痛薬の併用によって痛みを抑え、複合的な作用を得る事となります。

リウマチは体の自己防衛機能の不全によって起こる疾患なため、これといった理由も分からず発症する事が多いです。
そのため、関節の炎症や腫れ、そして先の見えない痛みとの戦いが長期にわたって続きます。

リウマチに限らず腰痛や膝痛などの疾患や、女性に多い頭痛や生理痛など、痛みに対して効能のある消炎鎮痛薬は、用法用量に注意し、正しく服用する事で痛みと上手に付き合えるようになります。
そしてリウマチに悩む人も、抗リウマチ薬との併用で痛みをコントロールしながら日々生活を送る事を目標とし、痛みによって精神的にもダメージを受けないように注意していく事が大切な事です。

消炎鎮痛薬は、錠剤だけでなく塗り薬やパップ剤に注射剤など様々なタイプがあります。
医師に相談しながら自身に合うタイプを選択して上手に使い続ける事で、薬との付き合い方も理解出来るようになってきます。